menu

取扱い注意のピンクゴールド | 関東手作り指輪ガイド

HOME » 指輪ガイド » 取扱い注意のピンクゴールド

取扱い注意のピンクゴールド

ピンクゴールドは取扱い注意

ピンクゴールドは見た目の可愛らしさから、女性を中心に人気があります。また愛情を表すピンク色が特徴的なため、結婚指輪の素材としても重宝されています。世界的な一流ブランドでもピンクゴールドの結婚指輪を取り扱っており、トレンドとなっています。
しかしピンクゴールドは変色がしやすく、慎重に取り扱わなければすぐに駄目になってしまいます。そこでピンクゴールドの結婚指輪の取り扱いについて、紹介します。

ピンクゴールドの変色を防ぐのは不可能

まず抑えておきたいのは、ピンクゴールドの変色は何をどうしても防ぐことは不可能です。少し、中学生の頃の科学の授業を思い出してみましょう。ピンクゴールドは、銅(Cu)が多く含まれています。銅と酸素(O2)が結びつくと、酸化銅(2CuO)になります。酸化銅は銅が錆びたもので、黒や緑などに変化していきます。
つまりどんなに大事にピンクゴールドの結婚指輪を取り扱っていたとしても、周りに酸素がある以上、変色を防ぐことは不可能です。完璧に防ぎたいのなら、無酸素室で保管するしかありません。

ピンクゴールドのお手入れ方法

普段からしっかりお手入れを施すことで、ピンクゴールドの変色を遅らせることは可能です。方法はとてもシンプルで、専用のクロスで結婚指輪を優しく拭くだけです。汚れがひどい場合は、中性洗剤を溶かしたお湯に浸す方法があります。でも普段のお手入れとなると、クロスで拭くだけで十分です。
ただし既に変色してしまっている場合は、購入した店に相談することをおすすめします。

サイズ直しは難しい

なおピンクゴールドはとても固い材質を持っているため、サイズ直しは非常に難しいです。仮にサイズ直しができたとしても、色違いがハッキリ出てしまう恐れがあります。微妙な加減でピンクゴールドの色を生み出しているので、全く同じ色のピンクゴールドを作り出すことはできません。
少しでも大事な結婚指輪を長持ちさせるためには、こまめなメンテナンスが必要です。そしてご自身の体型をキープすることも、忘れないで下さい。